着物豆知識

着物は季節によってたくさんの決まりごとがあります。
知っておくともっと着物が楽しくなる、ちょっとしたマメ知識です。

「着物の種類(一例)」

着物は一年間着ることができますが、季節や着ていく場所などで種類が変わります。

 

  • 袷(あわせ)の着物

今風に言えば裏地のある着物です。冬から春、秋に着ます。紋付、色無地、訪問着、小紋などがあります。

 

  • 単衣(ひとえ)の着物

6月、9月に着る裏地のない一枚ものの着物です。訪問着、色無地、訪問着、小紋などがあります。

 

  • 夏の着物

7月、8月の夏に着る着物は風通しのよい「絽(ろ)」と「紗(しゃ)」があります。

絽は正式な場所に出るところに着る着物で、紗は普段着使いからちょっとしたお茶席まで着ることができる着物です。

 

  • 浴衣

もともとは夏の湯あみの後に着ていた夜のイメージの着物です。
最近は様々な色・模様の浴衣が出てきて気軽に着る人も多いです。

「帯の種類(一例)」

 

帯はどこに出かけるか、で合わせるものがかわります。

昔から「着物1枚に帯3本」といわれますが、帯で着物の印象がかわる大事な存在です。

 

  • 丸帯

晴れの日に付ける格式ある帯。絵柄も豪華。

 

  • 袋帯

丸帯を簡単にしたものですが、正式な場にも使えるので現代の主流です。

 

  • 名古屋帯

手の分が初めから折れている帯で、織は準フォーマルに、染はお洒落な普段着の着物使いに。

 

  • 半巾帯・細帯

普段着使いの帯で、結びやすいのでいろいろな結び方が楽しめます。小紋や浴衣など、ちょっとしたお出かけに使用する帯です。

〜日本は季節を大事にする文化〜
 

 日本人は昔から季節を「花」や「植物」「色」で表してきました。
俳句に季語があるように着物や帯の柄にも季節を表す模様があるのです。
例えば、桜は春を表し、モミジは秋を表します。トンボの柄は秋のようですが、季語では「夏」を表します。

 また、色合いも春先には萌黄色や桜色のような淡い色が多く、夏には涼しげな水色、秋にはエンジ色やオレンジ色を好んで選びます。
 更には、着物や帯には日本の美しい模様が使用されていることも多いですが、「青海波」は青い波を表し、「市松」は石畳や市松を表すなど、古典柄を見るとその着物や帯が何を表現したいのか、イメージすることができます。
 着る日の季節や気温などで絵柄や色を選べたら、お出かけがもっと楽しくなるかもしれません。

着物レンタルセットでできる帯結び

細帯、半巾帯が基本になりますので、いろいろな結び方が出来ます。

左:おいそ結び、右:文庫結び
左:文庫系、右:片流し系
左:たて矢系、右:文庫くずし
貝の口
角出し
もっと見る

特定非営利活動法人 素材広場

福島県会津若松市八角町13-45

​TEL0242-85-6571  FAX0242-85-6572

© Sozai Hiroba All Rights Reserved.